AGA



当院でできるAGA治療

AGA(男性型脱毛症)は進行します!早めのケアで進行をストップしましょう。AGA(男性型脱毛症)にも若年化の傾向があります。気になるときが治療スタートのタイミング「たかが髪の毛、されど髪の毛」です。男性には深刻な悩みの薄毛。早めの対処をおススメします。

飲み薬による治療

当院では男性型脱毛症の進行を抑制するための飲み薬(フィナステリド・ザガーロ)を処方しております。すぐに効果がでるわけではありません。最低でも6ヶ月以上は治療を持続してください。

処方の流れ

初回のみ、診察料をいただきます。2回目以降の再診料はいただきません。
フィナステリド、ザガーロとも1日1回の服用としてください。。薬のなくなるめどもつけやすいので、2回目以降はご都合のよい日時にお越しください。

副作用について

薬の副作用としてよく言われるのが「性欲減退」と「勃起機能低下」ですが、個人の思い込みの強い領域でもあり、根拠のあるデータがあるわけでもありません。「あるような、ないような」という曖昧な副作用というのが現状です。現実に、薬の副作用発症率は2%未満。子づくりと治療が重ならないように心がければ、特に問題はありません!

費用

フィナステリド(プロペシアのジェネリック)6,800円/28錠
ザガーロ10,000円/30錠

よくある質問

薬だけを飲んでいれば髪が生えてきますか?

飲み薬には薄毛の進行を食い止める働きがありますが、発毛効果は認められておりません。ですが、確実に薄毛の進行は遅らせることができます。

 

はっきりした改善が見られない症例もありますか?

途中で治療を止めると、間違いなく薄毛は進行します。劇的に髪が生えてくる、ということはありませんが、確実に薄毛の進行を止めるためには、勝手に服用を止めず、続けていただくことです。

AGA治療を始めるのに適した時期はありますか?

「治療しよう」と思ったときがスタート時期です。早いに越したことはありません。最近では薄毛に悩む若者も増えています。20歳以上の男性なら処方できますので、早めに治療を始めれば、効果もまた早くに実感できるでしょう。

女性にも効きますか?

女性の薄毛と男性の薄毛のシステムは違います。フィナステリド/ザガーロは男性型脱毛症に対する効果は認められていますが、女性に対しては効果が認められておりません。当院では女性のAGA治療は受付けておりませんので、予めご了承くださいませ。

 

  • 上條医院ブログ
  • 泌尿器科の専門サイト